ニュース
» 2020年02月07日 10時28分 公開

世界最大級の起業支援機関 7月、東京に拠点を開設

「スタートアップ」と呼ばれる創業初期のベンチャー企業などを国内外から100社誘致する。CICの拠点としてはアジアでは初めて。

[産経新聞]
産経新聞

 世界最大級の起業支援機関である米ケンブリッジ・イノベーション・センター(CIC、マサチューセッツ州)の起業家支援拠点が7月に、東京都港区の虎ノ門ヒルズビジネスタワー内に開設する。「スタートアップ」と呼ばれる創業初期のベンチャー企業などを国内外から100社誘致する。CICの拠点としてはアジアでは初めて。

 1月にできたばかりの同ビルの15、16階に入居。約6千平方メートルの空間に、起業家向けの共同オフィスや50人規模のベンチャー企業が利用できる大きな部屋を用意。上下階を行き来できる階段や打ち合わせ場所を分散配置させることで、入居した起業家同士が自由に話せる雰囲気を演出した。

 「本気でイノベーション(革新)を起こしたい人が集える場所にしたい」(梅沢高明・CICジャパン会長)との考えから、入居者の公募はせずに、CIC側からの起業家に入居を勧める。起業家のアイデアを迅速に具現化させるため、弁護士や弁理士、税理士、大企業の新規事業担当者、海外のベンチャーキャピタル(VC)や投資家にも入居を働きかける。

 CICは米国東海岸を中心に世界7カ所に拠点があり、延べ6千のベンチャー企業が利用している。東京は8番目となる。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆