ニュース
» 2020年02月12日 14時01分 公開

自動運転、新たな段階に レベル3実現、東京五輪で取り組み加速 (2/2)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2       

 もっとも、レベル3にも大きな課題がある。走行環境に応じて、運転主体がシステムになったり、人になったりすることだ。手放し運転できる条件を逸脱した場合、人が運転を受け継がなければならず、その瞬間に危険度が高まりかねない。音や振動による警告で運転に戻るように促すほか、運転席を映すカメラで居眠りなどをチェックする。自動車大手は、「利用者が過信しないように、機能を正確に伝える必要がある」(首脳)としており、本格的な自動運転が社会に受け入れられていくために、課題は山積している。

 一方、五輪・パラリンピックで日本が世界から注目される今年は、将来に向けた取り組みも加速する。日本自動車工業会(自工会)は7月、羽田空港地域などで自動車大手10社が参画する自動運転の実証実験を行う。大会開催中はトヨタ自動車が、電気自動車(EV)「eパレット」を、選手村(東京都中央区)の中を巡回する自動運転バスとして運行させ、選手や大会関係者の移動を助ける。(高橋寛次)

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆