ニュース
» 2020年02月13日 10時50分 公開

日航、住商「空飛ぶ車」実用化へ提携 2020年代半ばにフライトへ

2020年代半ばの実用化を目指して試験飛行などを進める。

[産経新聞]
産経新聞

 日本航空、住友商事、米航空機メーカーのベル・テキストロンは12日、日本やアジアでの「空飛ぶ車」分野で業務提携したと発表した。2020年代半ばの実用化を目指して試験飛行などを進める。今後、需要増が期待される空飛ぶ車には、トヨタ自動車も米企業に出資するなど、国内外の自動車、航空機メーカーが実用化に向けた動きを本格化。日航は航空機管制の技術を応用させる考えだ。

 ベルなどが開発中の空飛ぶ車は、垂直に離着陸する機能を備え、ヘリコプターや小型航空機の特徴を併せ持つ。滑走路が不要で環境性能に優れていることから、人口集中が進む都市部での短・中距離の移動手段として期待が高まっている。

 提携した3社は、20年度中に機体を試験飛行し、実用化のスケジュールを精査する。

 今後、駐機場や充電スタンドなどのインフラ構築に関する検討のほか、騒音・安全対策など社会への理解促進や市場調査も行う。さらに賛同企業を広く募り、協業を進める。

 日航は、航空機の安全運航のノウハウを活用した空飛ぶ車の運航管理システム開発のほか、災害対応や出張医療など地域の課題解決にもつなげる。

 空飛ぶ車をめぐっては、日本企業では、トヨタや日航のほかにも物流輸送での実用化に向けた実験を昨年実施したNECなどが開発の動きを本格化する。海外企業では、韓国の現代自動車が今年、米配車大手のウーバー・テクノロジーズと共同開発を発表。高級スポーツ車大手のポルシェも米航空機大手ボーイングと共同開発を進めている。(大坪玲央)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆