ニュース
» 2020年02月20日 11時14分 公開

出版業界「体験コンテンツ元年」に 講談社、KADOKAWAが新設備整備 (1/3)

昨今、体験型の“コト消費”重視の潮流を受け、出版業界も“体験コンテンツ”の提供に力を入れ始めている。

[産経新聞]
産経新聞

 昨今、体験型の“コト消費”重視の潮流を受け、出版業界も“体験コンテンツ”の提供に力を入れ始めている。特に注目すべきは、今年オープンを予定している、講談社の「ミクサライブ東京」と、KADOKAWAの「ところざわサクラタウン」。両施設とも現在はハードの整備を進めつつ、ソフトの充実を図ろうと多種多様なアイデアが検討されている。令和2年は出版業界の「体験コンテンツ元年」となるか。(加藤聖子)

臨機応変に“実験”

 講談社は3月19日、東京都豊島区の池袋駅からほど近い場所に「ミクサライブ東京」をオープン予定だ。もともと、池袋で親しまれてきた映画館「シネマサンシャイン池袋」のビルを大規模修繕。音楽ライブや演劇などが可能な4つのホールと、ショップ、カフェを備える施設に生まれ変わらせる。同社ライツ・メディアビジネス局事業開発部長の松下卓也さんは「出版社では、小説や漫画のヒット作が映像化されるという二次展開がおなじみになっているが、今は“コト消費”の時代。二次展開の他の形として、ライブ化、体験化も求められている。ミクサライブはその拠点として活用していきたい」と意義を説明する。

講談社の「ミクサライブ東京」外観イメージ。東京の新たなランドマークとなるか(講談社提供)

 4つのホールの収容人数はそれぞれ140〜400人規模と大きくはないが、「施設の目的の一つは、新たなコンテンツをいろいろと試して実験していくこと」(松下さん)。実験しやすいこの規模は、むしろ武器と捉えているようだ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆