ニュース
» 2020年03月03日 12時05分 公開

環境ベンチャーがプラ代替素材を大手と開発へ

 環境ベンチャーのTBM(東京都中央区)は2日、化学品大手のダイセルと共同で石灰石と酢酸セルロースなどを組み合わせたプラスチックの代替素材を共同で開発すると発表した。

[産経新聞]
産経新聞

 環境ベンチャーのTBM(東京都中央区)は2日、化学品大手のダイセルと共同で石灰石と酢酸セルロースなどを組み合わせたプラスチックの代替素材を共同で開発すると発表した。

 代替素材「海洋生分解性LIMEX(ライメックス、仮称)」は令和2年度中を目標に開発。生分解性の性質を持ち、飲食品の容器や農漁業用品、身の周りにある文房具やおもちゃなどでの採用を目指す。

 東南アジアやアフリカなどでは経済成長に伴い、プラスチックの需要が高まっている。同時に廃プラスチックの海洋投棄が世界的な問題となるなか、プラスチックの代わりとなる生分解性の新素材に関心が集まっている。両社は世界での拡販も視野に置く。

 TBMは平成23年に設立。世界中で豊富に埋蔵されている石灰石を使った紙やプラスチックの代替材料「LIMEX」を開発。大手外食チェーンがメニューシートなどに採用している。

 一方のダイセルが昭和13年から生産している酢酸セルロースは、最終的には水と二酸化炭素に分解される。液晶保護用のフィルムや衣料用繊維の原料などに使われる。 

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆