ニュース
» 2020年03月05日 10時42分 公開

スーパーのレジは完全セルフよりセミセルフ主流のワケ (1/2)

すべてを利用客で完結させる完全セルフレジもスーパー向けにあるが、なぜ、店員が必要なセミセルフレジの方が広がるのだろうか。

[産経新聞]
産経新聞

 深刻な人手不足に対応するため小売業や飲食業で、レジのセルフ化が進むなか、スーパーマーケットは少し様相が異なる。店員が商品バーコードを読み込むが、支払いは利用客が精算機で行う「セミセルフレジ」が浸透しているのだ。すべてを利用客で完結させる完全セルフレジもスーパー向けにあるが、なぜ、店員が必要なセミセルフレジの方が広がるのだろうか。

セミセルフレジの精算機=福井市のアル・プラザベル

半数以上が導入

 福井市のショッピングセンターに入るスーパー「アル・プラザベル」は昨年11月、セミセルフレジを導入した。11カ所あるレジカウンターのうち8カ所を切り替え、精算機12台を設置している。

 混み合う平日夕方でレジ担当は8人必要だった。セミセルフレジ導入で7人に抑えられたといい、久津見崇食品店長は「レジ担当の1人を他に回せることは仕事の効率化に大きい」と話す。

 一方、約10店でセミセルフレジを入れた別の地方スーパー関係者は「従業員の負担が軽減され、レジ担当者を採用しやすくなった」と明かす。レジを担当する従業員にとって大きな気がかりは、お釣りを渡す際などに過不足が生じる精算ミス。セミセルフレジの導入で従業員が現金を直接扱わなくなるため、担当者の心理的負担が減るというわけだ。

 ただ、省人化や現金を扱わないメリットは完全セルフレジも同じはず。それなのに、スーパーではセミセルフレジが圧倒的に普及している。

 スーパー業界3団体がまとめた昨年の「スーパーマーケット年次統計調査報告書」によると、セミセルフレジ導入店は推計で57.9%を占め、前年から9ポイント伸びた一方、完全セルフレジは11.4%で前年から0.2ポイント減少しているという。

ICタグではだめなのか

 完全セルフレジが伸び悩む要因には、利用客の利便性が関係しているようだ。

 完全セルフレジでバーコードを読み取る作業は利用客、特に高齢者にとっては煩雑で、慣れるまで時間がかかる。スーパーの場合、タイムセールの商品にバーコードが重ねて貼られていて注意が必要なこともあり、完全セルフレジを避ける利用客がいるという。

 ハード面の課題もある。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆