ニュース
» 2020年03月06日 10時27分 公開

日本勢、1年遅れの5Gスタート 高品質通信で巻き返し

日本勢はこれまで培ってきた高品質な通信網と技術力で巻き返しを狙う。

[産経新聞]
産経新聞

 日本の第5世代(5G)移動通信システムが海外から1年遅れでスタートする。ただ、先行する海外勢はインフラ整備の途上で、有用事例を模索している段階。日本勢はこれまで培ってきた高品質な通信網と技術力で巻き返しを狙う。

ソフトバンクの新サービス「5G LAB」のひとつ、「GAME SQUARE」=5日、東京・銀座のベルサール汐留(酒巻俊介撮影)

 5Gは米国と韓国がいち早く商用化を始めたが、エリアの狭さや対応コンテンツの不足が課題。マルチメディア振興センターの飯塚留美シニア・リサーチディレクターは「今からでも日本は追いつくことができる」と指摘する。

 特に米国や中国は国土の広さから5Gのインフラ整備には時間がかかる。それに対し日本は、高品質な4Gと固定の高速光回線が全国に張り巡らされている。5Gの通信網が整備途中でも、既存のインフラを活用することで、5Gに近いサービスは提供できるという。KDDI(au)の高橋誠社長も「ピカピカの4Gとスペシャルな5Gでネットワークを構築する」と既存の通信網を活用しながら、5Gの普及を進めていく考えを強調する。

 5Gの技術で最も期待されるのは、人工知能(AI)などを活用し、地域の利便性を高める「スマートシティ」や、遠隔医療、自動運転といった産業のデジタル化だ。遠隔診療や手術は日本の高度な医療技術があって成り立つ。自動車やゲームなど日本が優位性を持つ産業など、サービス面で5Gの実用例を示せれば、巻き返しは可能だ。

 日本は携帯電話事業者以外にも電波を割り当て、工場や農場など地域を限定した「ローカル5G」の促進にも力を入れており、5Gの実用化を急ぐ構えだ。情報通信総合研究所の小川敦主任研究員は「ローカル5Gで生み出された小規模なサービスが広がり、5Gは普及していくだろう」と話している。(高木克聡)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆