ニュース
» 2020年03月24日 10時51分 公開

5Gサービス、KDDIは26日から 月額8650円

臨場感のある高精細な動画視聴などが可能な5Gサービスが月内に日本でも始まる。

[産経新聞]
産経新聞

 KDDI(au)は23日、第5世代(5G)移動通信システムの商用サービスを26日から始めると発表した。ソフトバンクやNTTドコモもすでに3月末からの開始を発表しており、大手通信3社のサービスが出そろった。臨場感のある高精細な動画視聴などが可能な5Gサービスが月内に日本でも始まる。

 KDDIの料金プランは、データ通信容量が無制限の「データMAX 5G」で月額8650円(税別)とし、既存の第4世代(4G)のプランよりも千円高い。ただ、5Gプラン加入から25カ月間は月額千円を割り引くキャンペーンも合わせて実施する。家族割引など複数の割引を活用すれば3460円から利用可能といい、会見した同社の高橋誠社長は「4G並みの料金水準で(5Gを)楽しみいただきたい」とアピールした。

 5Gのサービスを使うには、5G対応のスマートフォンが必要で、対応端末はソニー製など7機種を用意、今夏までに順次発売する。5Gが使えるエリアは当初15都道府県の一部地域となるが、順次拡大していく方針で、基地局は令和3年3月末まで1万局、4年3月末までに2万局超と増やしていく。

 料金プランは他に、インターネットで動画を配信する「ネットフリックス」のサービスをセットにしたものが9650円。ネットフリックスに加え、定額の音楽配信サービス「アップルミュージック」などもセットにした1万1150円のプランも用意した。

 NTTドコモは25日からサービスを開始する予定で、月のデータ通信量が100ギガバイト(ギガは10億)の専用プランを月額7650円で提供。27日からサービスを開始するソフトバンクは既存の契約に月額千円の「5G基本料」を追加で支払う、料金プランを発表している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆