ニュース
» 2020年03月30日 10時38分 公開

鳴かず飛ばずのオンライン診療 新型コロナでにわかに注目 (1/2)

診療所や病院に出向くことに躊躇(ちゅうちょ)する人も多いなか、これなら感染のリスクを避けながら、診察が受けられる。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン診療に注目が集まっている。診療所や病院に出向くことに躊躇(ちゅうちょ)する人も多いなか、これなら感染のリスクを避けながら、診察が受けられる。

オンライン診療のイメージ

 オンライン診療をめぐっては、政府の規制緩和で普及が期待されていたものの、医療現場からの慎重姿勢もあって期待外れに終わっていた。にわかに注目された要因は、皮肉にも普及を妨げてきた「対面診療」をしないという仕組みだった。

 オンライン診療をめぐっては、平成9年に「離島・僻(へき)地」などに限って認められていたが、27年に通知で僻地など限定ではないとの見解が示され、事実上、全面解禁となった。30年度の診療報酬改定では、「オンライン診療料」(月1回700円)などが創設され、保険適用が始まった。4月の診療報酬改定でオンライン診療の対象疾患が拡大され、環境は整いつつある。

 ただ、医療関係者の理解はこれからだ。2月1、2の両日、日本医師会が開いたシンポジウムでは、今村聡副会長が「オンライン診療はあくまで対面診療を補完するツールで、対面診療と同等のものとは言えない」と述べている。安易な拡大路線には、懐疑的な意見もある。オンライン診療の保険適用を申請している医療機関は、昨年春時点で全体のわずか1%にとどまっていた。

 こうした状況とは別に、患者と医師が対面しないというデメリットを逆手にとった取り組みが注目されている。

 東京大医学部附属病院(東京都文京区)は4月1日、メドレーのオンライン診療システム「CLINICS(クリニクス)」を使ったセカンドオピニオン外来を始める。

 まず、通院中の医療機関からの紹介状を東大病院に郵送。クリニクスのアプリをカメラ・マイク付きパソコン、またはスマートフォンにダウンロードし、アカウント登録する。あとは診察予約をするだけ。循環器内科など東大病院の18診療科の専門医によるセカンドオピニオンが、オンラインで受けられる。診察料などはクレジットカードで引き落としとなる。

 セカンドオピニオンは、すでに受けた診断や治療方針について、納得を得るために、別の医師から見解を聞くこと。オンラインのセカンドオピニオンは、遠隔地の人にとっても専門医の意見が聞ける。

東京大学医学部附属病院がメドレーのオンライン診療システムを活用したセカンドオピニオンのイメージ(メドレー提供)
       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆