ニュース
» 2020年03月31日 11時52分 公開

三菱商事、ALSOKと設備管理・警備事業で提携

三菱商事は、綜合警備保障(ALSOK)と、ファシリティマネジメント(FM)と呼ばれる設備管理事業、警備事業で資本業務提携することで合意した。

[産経新聞]
産経新聞

 三菱商事は30日、綜合警備保障(ALSOK)と、ファシリティマネジメント(FM)と呼ばれる設備管理事業、警備事業で資本業務提携することで合意したと発表した。国内ではALSOKの子会社に資本参加することに加え、シンガポールに合弁会社を設立し、海外事業を進める。

 国内では、人手不足を背景に、ビルや施設の効率的な管理、運営が求められており、FM・警備事業の拡大が見込まれている。海外でもセキュリティーサービスを含めた高度なFM事業のニーズが高まるとされている。

 今回の提携では、ALSOKの設備管理・警備事業を手掛ける100%子会社のALSOK双栄(横浜市)の株式33.4%を三菱商事が取得し、国内事業を展開する。さらに、三菱商事が70%、ALSOKが30%出資する合弁会社をシンガポールに設立し、タイなどを中心に、東南アジアでの事業を進めていく。

 ALSOKではすでに東南アジア地区でセキュリティー事業を展開しているが、日系企業が中心。海外の有力地元企業などとのネットワークを持つ三菱商事との提携で、営業チャンネルを広げ、海外事業を強化する狙いだ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆