ニュース
» 2020年04月01日 10時25分 公開

ANAの分身ロボット「アバター」事業が独立子会社化

アバターは、新型コロナウイルス感染症の拡大で、医療現場などでの利用も検討されているという。

[産経新聞]
産経新聞

 ANAホールディングス(HD)が普及を進めてきた人間の代わりに見たり聞いたりできるロボット「アバター(分身)」の事業について、同社の社員が新会社「アバターイン」を4月1日付けで立ち上げることがわかった。独立した新会社とすることで社外からも優秀な人材を集めやすくする考え。アバターは、新型コロナウイルス感染症の拡大で、医療現場などでの利用も検討されているという。

ANAホールディングスの片野坂真哉社長に教わり、タブレット端末を使ってアバターを操作する女優の綾瀬はるかさん(右)=2019年10月15日、千葉市美浜区のCEATEC2019会場

 アバターインには、ANAHDでアバター事業を中心となって推進してきた深堀昂(あきら)氏と梶谷ケビン氏がそれぞれ最高経営責任者(CEO)と最高執行責任者(COO)に就任する。両氏とANAHDが合計で2億円を出資するが出資比率は非公表。

 アバターは昨年10月に最新家電・ITの展示会「CEATEC(シーテック)2019」に初出展された分身ロボット。タブレット端末という「目」と「耳」、移動する車輪という「足」を備えており、遠隔地からタブレットやスマートフォンを通じてアバターを操作することで、アバターの見たり聞いたりしたことを疑似体験できる。

 そのため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐためにも活用できるとみて、医療現場などへの普及を進める考え。当初、東京五輪までに全世界で千台を目標としていたが、延期に伴って3千台に目標を引き上げた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆