ニュース
» 2020年04月17日 08時44分 公開

東野圭吾さん7作品が初の電子書籍化 すべてミリオンセラー

これまで東野さんは自作の電子化をしてこなかったが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための外出自粛が続く中、初の電子化解禁に踏み切った。

[産経新聞]
産経新聞

 「白夜行」「容疑者Xの献身」など、作家の東野圭吾さん(62)の代表作7作品が電子書籍化されることが17日、わかった。これまで東野さんは自作の電子化をしてこなかったが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための外出自粛が続く中、初の電子化解禁に踏み切った。17日から主要電子書店で順次予約を受け付け、24日に配信を始める。

作家、東野圭吾さん(三尾郁恵撮影)

 電子化されるのは、「白夜行」(集英社、平成11年)▽「容疑者Xの献身」(文芸春秋、17年)▽「ダイイング・アイ」(光文社、19年)▽「流星の絆」(講談社、20年)▽「プラチナデータ」(幻冬舎、22年)▽「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(KADOKAWA、24年)▽「疾風ロンド」(実業之日本社、25年)−の7作品。

 いずれも累計発行部数100万部を突破したミリオンセラー作品で、映画化・テレビドラマ化もされた。7作品の合計部数は1288万部にのぼる。

 自作の電子化について、東野さんは「外に出たい若者たちよ、もうしばらくご辛抱を! たまには読書でもいかがですか。新しい世界が開けるかもしれません。保証はできませんが」とコメントした。

 東野さんは昭和33年、大阪府生まれ。60年、「放課後」で江戸川乱歩賞を受賞し、専業作家に。平成18年、「容疑者Xの献身」で直木賞。25年、「夢幻花」で柴田錬三郎賞。26年、「祈りの幕が下りる時」で吉川英治文学賞。今年で作家生活35周年を迎えた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆