ニュース
» 2020年04月24日 08時38分 公開

地球環境へできること 「オラファー・エリアソン」展  (1/2)

「どんな困難にあっても、私たちは必ず解決策を見いだすことができる」と話すエリアソンのアートは、人類が地球環境の危機、そしてコロナ禍を乗り越える上で示唆に富んでいる。

[産経新聞]
産経新聞

 サステナブル(持続可能)な世界を目指した表現活動で、国際的に名高いデンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソン。日本で10年ぶりの個展「ときに川は橋となる」(産経新聞社など主催)が東京都現代美術館(江東区)で3月から開かれる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休館により、いまだ開幕を待つ状況にある。「どんな困難にあっても、私たちは必ず解決策を見いだすことができる」と話すエリアソンのアートは、人類が地球環境の危機、そしてコロナ禍を乗り越える上で示唆に富んでいる。彼が同展に込めたメッセージを、一足先に紹介したい。(黒沢綾子)

「太陽の中心への探査」2017年(黒沢綾子撮影)Courtesy of the artist and PKM Gallery, Seoul (C) 2017 Olafur Eliasson

小さな個の行動から

 「初めて明確に、気候変動と地球環境への働きかけをテーマにした展示です」。長年拠点を置くドイツ・ベルリンのスタジオから、モニター越しにエリアソンは語りかける。

 1967年生まれ。デンマークとアイスランドで育ち、90年代から写真や彫刻、絵画、インスタレーション、建築など多岐にわたる表現を展開してきた。特に高く評価されてきたのが、光や水、霧といった自然現象を用いて人々の知覚を刺激し、気づきを与える作品。伝統的な進歩史観を脱し、自然との共生をアートを介して模索していった。本展には、暗闇に虹が現れる初期の代表作「ビューティー」に加え、急速に悪化する地球環境に対し人々に行動の変化−シフトチェンジを促す近作が並ぶ。

 北欧で生まれ育ったことが大きいという。「氷に覆われることの多いアイスランドでは、生物が緩やかに育つ。私たちは小さな変化にも敏感に反応します。わずかな気温の上昇にも」

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆