ニュース
» 2020年04月27日 08時45分 公開

遠隔診療や結婚式代理出席……遠隔操作ロボットが引っ張りだこ

人と人との接触制限が拡大していることから、結婚式の代理出席や遠隔診療などさまざまな場面での活用に期待が高まっている。

[産経新聞]
産経新聞

 ANAホールディングスの元社員が新事業会社を立ち上げた、人間の代わりに見たり聞いたりできるロボット「アバター」が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて世界各国から注目を集めている。4月の問い合わせ件数は、1〜3月の月平均の2倍余りのペースという。人と人との接触制限が拡大していることから、結婚式の代理出席や遠隔診療などさまざまな場面での活用に期待が高まっている。

分身ロボットのアバター

 アバターは、カメラ付きのタブレット端末という「目」と「耳」と「顔」、移動する車輪という「足」を備えたロボット。タブレットやスマートフォンを通じて遠隔地から操作できるのが特徴で、例えば、医者が患者の側に設置したアバターを操作すれば、遠隔診療に利用できるなど応用範囲が広い。

 そのため、新型コロナの感染拡大で、「両親の見守りで使いたい」「結婚式に出られないので貸してほしい」など、具体的な利用方法の問い合わせが国内のほか欧米や中国などからも来ているという。問い合わせ件数は1〜3月までの3カ月間は月平均で40件ほどだったが、4月は24日時点ですでに約70件に達した。

 現在は法人優先で提供しているが、新会社アバターインの深堀昂最高経営責任者(CEO)は「生産が追いつけば数万台でも提供できる」という。また、梶谷ケビン最高執行責任者(COO)は「(新型コロナ感染拡大のような)特別な事態が起きないと新技術の必要性が見えにくいのは事実だ」とも述べている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆