ニュース
» 2020年04月28日 08時37分 公開

家が博物館に?! 学芸員、展示解説や実験をツイッターで投稿

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休館が続く各地の博物館や科学館が、家にいながら展示を楽しんでもらおうと、短文投稿サイト「ツイッター」などで画像や動画を投稿している。

[産経新聞]
産経新聞

 自宅が博物館に早変わり−。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休館が続く各地の博物館や科学館が、家にいながら展示を楽しんでもらおうと、短文投稿サイト「ツイッター」などで画像や動画を投稿している。全国で緊急事態宣言が出され、休校延長が相次ぐ中、子供だけでなく大人にとっても自宅での過ごし方のヒントになりそうだ。(石川有紀)

大阪市立科学館の学芸員がツイッターに毎日投稿している「#エア科学館」の画面

 《紫キャベツで2色焼きそばを作ってみました。アントシアニンという色素がアルカリ性で青緑色に、酸性で赤色に変わります》

 大阪市立科学館(大阪市北区)がこう記して4月20日にツイッターに投稿した58秒の動画は、24日午前までに再生回数が9万回を超えた。

 コメント欄には「子供と一緒に実験できると良さそう」、「料理は科学!」などの反響が相次ぎ、子供のころに実験をしたと振り返る大人もいた。

 こうした動画は、天文や物理学などを専門とする学芸員11人が、休館中の3月6日から共通のハッシュタグ「#エア科学館」をつけて毎日投稿。子供向けの簡単な工作や星空解説のほか、展示物の実験解説など、大人にも見ごたえある内容にした。

 「今は投稿だけだが、少しでも科学に興味をもってもらい、収束後の来館につながれば」と冨田和俊副館長。最近は他の科学館でも「#エア科学館」をつけてクイズやプラネタリウム動画を投稿し始めるようになっているという。

 全国の博物館や美術館の情報を紹介する「インターネットミュージアム」によると、4月23日時点で全国の休館施設は981カ所に上っており、会員制交流サイト(SNS)を活用した同様の動きは他の施設でも広がっている。

 博物館や美術館は「#自宅でミュージアム」として、所蔵品の見どころを写真や動画で紹介。動物園や水族館は、「#休園中の動物園水族館」をつけて発信しており、再生回数が数万から数十万回に上る投稿もあるなど、人気を集めている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆