ニュース
» 2020年04月30日 15時09分 公開

抜擢と熟成、外部登用……武田薬品の人事戦略はグローバルのイロハ (3/3)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2|3       

社長になる覚悟はあるか

 このほか、日本国内では固有に、中堅社員層向け育成プログラム「拓」がある。

 「クリストフはいくつでうちの社長になったか知っているか」

 拓に参加した男性社員(42)は、講師から何度もこう問われたという。「クリストフは47歳で社長に就任している。自分に置き換えてみて、その年までにどれだけ経験値と知識を積み上げられるか、考えさせられました。これからリーダーになる気概を持つきっかけを与えられました」

日本の管理職層に、経営者としての視点や戦略思考などを習得してもらう拓のプログラム。さまざまな部署から人材が集まる。

 プログラムに参加する直前、母親を病気で亡くした。研修を通じて、病気の不条理、むごさ、そして、そういうものに対して改めて製薬企業が何ができるかについて突き詰めて考えることができた。「困っている患者さんに今より少しでもいい生活、人生を送ることができる時間を提供できる企業、組織にしたい」。プログラムを終え、「期待も受けて、成長できる土壌もある」と、将来、この会社の経営にかかわりたいと改めて思い始めている。


VUCA Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をつなげて作られた言葉。2010年代になって、未来を予測するのは困難な時代の経営論が語られるさいに、よく使われるようになった。

前のページへ 1|2|3       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆