ニュース
» 2020年05月01日 12時58分 公開

GAFA全社が増収 「巣ごもり消費」奏功も2社は減益

感染防止のため自宅で過ごす人の「巣ごもり消費」が売り上げを支えた。一方、売上高の伸び率は低下し、2社が最終減益となった。

[産経新聞]
産経新聞

 【ワシントン=塩原永久】「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる米IT大手4社の2020年1〜3月期決算が4月30日、出そろった。新型コロナウイルス感染拡大の悪影響をしのぎ、全社が増収を確保。感染防止のため自宅で過ごす人の「巣ごもり消費」が売り上げを支えた。一方、売上高の伸び率は低下し、2社が最終減益となった。

 アマゾン・コムが同日発表した決算は、売上高が前年同期比26%増と大きく伸びた。外出禁止が広がり、自宅でネット通販を利用する消費者が増えた。ただ、配送に必要となる人員増などでコストがかさみ、最終利益が29%減となった。

 アップルは売上高の伸び率が1%にとどまった。2月上旬まで好調だったが、休業となる販売店が増えた同月下旬から失速。主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の売り上げは7%減少した。音楽配信などのサービス部門は増収だった。

 デジタル広告が収入の大部分を占めるフェイスブックとグーグルの持ち株会社アルファベットは増収増益だったが、売り上げの伸び率は前期に比べ低下した。

 各社とも、好景気の追い風があった1〜3月期前半に稼ぎ出し、後半の失速をしのいだ側面が強い。先行きが不透明だとして、通期業績の見通しを非公表とする米企業が相次いでいる。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆