ニュース
» 2020年05月04日 09時07分 公開

フードロス抑制も狙い 新型コロナ 「3密」なしの野菜直売所を駐車場で 東京・関西で新事業スタート (1/3)

外食自粛で行き場を失った野菜を廃棄する「フードロス」の抑制も狙う。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大で稼働率の落ちた駐車場を野菜の直売所として活用する事業が、東京と関西で始まった。買い物客は「3密(密集、密閉、密接)」を避けることができ、駐車場オーナーは使用料金を得られる。出荷するのは都市近郊農家で、ふだんレストランなどに納入しているこだわりの野菜も用意。外食自粛で行き場を失った野菜を廃棄する「フードロス」の抑制も狙う。(粂博之)

住宅の駐車場を借りて設けた野菜の直売所=5月1日、堺市北区

在宅勤務の合間に……

 5月1日の昼下がり、堺市北区の住宅駐車場に、新鮮な野菜約20種類がズラリ並んでいた。「大きなカボチャやな」。在宅勤務の息抜きに家族4人で散歩中の男性が足を止めた。北海道から届けられた熟成の蔵出しカボチャだった。

 1個200円。ほかにも地元の生産者によるトマトやエシャロット、キャベツ、ちょっと珍しいオータムポエムなどがあった。

 「このあたりは、公園が近いから結構人が通りますよ。(直売所を開くのに)いい場所じゃないですか」

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆