ニュース
» 2020年05月29日 07時54分 公開

オンラインセミナー普及、高齢者もEC 新型コロナがIT化進展契機に (1/2)

新型コロナ発生以降のこの4カ月余りの間に生活環境だけでなく、仕事の進め方も大きく変化している。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

 日本で初の新型コロナウイルスの感染者について、厚生労働省が発表したのが今年の1月16日だ。3月11日には世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的大流行)を宣言し、25日には小池百合子・東京都知事が、オーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐために、「3密」を避けるような行動をとってほしいと要請した。国の緊急事態宣言は4月7日に出され、5月25日に全面解除された。新型コロナ発生以降のこの4カ月余りの間に生活環境だけでなく、仕事の進め方も大きく変化している。(森山博之)

※画像はイメージです(Getty Images)

 都の調査では、3月に都内企業のテレワーク導入率は24.0%だったが、4月には62.7%へ急伸している。1カ月当たりの実施日も12月は1.2日だったものが、3月に4.2日となり、4月には12.2日となっている。筆者もその一人だが、既に半数の社員がテレワークを実施しているという。

 3密を避けるため、各企業では社内だけでなく、社外との会議のオンライン化も進めているが、各種セミナーは一気にオンライン化が進んでしまった。参加者が3密になるため、緊急事態宣言以降開催されるセミナーのほとんどがオンライン開催となっている。

 オンラインで開催されるセミナー(Seminar)を「Webinar(ウェビナー)」という。筆者も参加してみたが、利用してみると案外便利だ。申し込みが遅れても参加人数に余裕があることが多く、会場への移動時間も不要だ。開始時間ギリギリに入室しても「座席」は常に確保されている。講演中も携帯の電源を切る必要はなく、飲食さえも可能である。スマートフォンで移動中に視聴することも可能で、まさにいいことずくめだ。

 主催者側にとっても、会場を確保する手間が省けるし、世界中から講師を「招聘」しても旅費が不要などメリットも多い。ただ、講師は参加者の反応を直接感じられないため、慣れるまで戸惑う。

 残念ながらウェビナーやオンライン会議用のアプリでも日本企業の影は薄い。ビデオ会議サービスでは米国勢のZoom、Google Meet、Teams、中国勢のDingTalk、VooV Meetingなどが有名だ。Zoomの利用者は20年4月に3億人となり、アリババのDingTalkも中国中心に2億人を超えたようである。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆