ニュース
» 2020年06月10日 08時33分 公開

コロナで「おうち時間」充実 運動・料理・楽器の人気急増、DIY挑戦も (1/2)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自宅で過ごす時間が長くなり、新たな趣味を始めた人が増えていることが各種調査で浮き彫りになった。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自宅で過ごす時間が長くなり、新たな趣味を始めた人が増えていることが各種調査で浮き彫りになった。運動不足解消のためにグッズを買い求め、資格取得や料理、インテリアなどを自分で作るDIY(日曜大工)に挑戦する人も。この際、腰を据えて挑戦しようとモチベーションが上がったようだ。消費活動は全体的に停滞しているが、人気商品が品薄になりホームセンターは盛況となるなど、やや異なった動きもみられた。

オンライン教室を利用して親子で料理に挑戦する家族

増える「運動」

 市場調査のプラスアルファ・コンサルティング(東京)が4月14〜21日と5月13〜20日の2度にわたって、外出自粛の期間中に新たに買ったものや始めたことをインターネットで調査。それぞれ535件、507件の回答があった。

 それによると、新たに買ったもののトップは運動グッズ。4月が17.3%で5月は23.7%だった。政府の緊急事態宣言が大型連休後も延長され、運動不足がより強く意識されたようだ。

 このほか上位はマスク、テレビゲーム、本。一部順位が入れ替わるが大きな変化はみられず安定している。実際、任天堂のゲーム機や人気ソフトは品薄になり、通販サイトのアマゾンでは生活必需品などの物流を優先したこともあって本の品切れが相次いだ。

 伸びが目立ったのは音楽・楽器で、13位(1.7%)から6位(6.3%)に上昇した。大阪府内のある楽器店の店員は「自粛期間中、ギターの修理・調整依頼が急増した。使わずにしまっていたのを引っ張り出したのでは」という。

 新たに始めたことでも、トップは運動。4月は20.5%、5月は29.4%だった。大きく伸びたのは料理で4月に11位(3.6%)だったのが、5月は2位(9.8%)に。このほか上位には資格取得などが入った。また、同率16位(1.3%)の音楽とお菓子作りが、それぞれ同率8位(3.6%)に上昇した。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆