ニュース
» 2020年06月10日 08時33分 公開

コロナで「おうち時間」充実 運動・料理・楽器の人気急増、DIY挑戦も (2/2)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2       

DIYでホームセンターへ

 実際の消費行動をみてみると、ホームセンターの利用が大きく伸びている。スマートフォンの位置情報を解析するクロスロケーションズ(東京)が全国の約2千店舗の来店者数を推計したところ、5月25〜31日は前年同週(5月27日〜6月2日)より47%増えていた。緊急事態宣言の発令中も各週末を中心に増加していたといい、同社は「リフォームやガーデニングに関する需要が高まった」とみている。

 住宅リフォームの三橋企画(横浜市)が20〜40代の家庭を持つ男性(1119人)を対象に実施したアンケートによると、29.6%が自粛期間中にDIYを始めたという。

 実際に始めてみて大変だったことの上位は「仕上がりが完璧にならない」(23.6%)や「力仕事で疲れてしまう」(20.3%)などで、簡単にはいかなかったようだ。ただ、良かったことを聞くと「楽しい趣味が増えた」(33.6%)、「おしゃれな自宅になった」(25.2%)と充実ぶりがうかがえる。

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆