ニュース
» 2020年06月29日 09時35分 公開

リストバンドで熱中症リスクを管理 損保ジャパンとNTTPCコミュニケーションズが業務連携

新型コロナウイルスの感染予防のためマスク着用での作業が増える中、例年以上に高まる熱中症リスクに対応する。

[産経新聞]
産経新聞

 損害保険ジャパンとNTTPCコミュニケーションズなどは、リストバンド型の端末を利用して、屋外で働く建設作業員らの熱中症を防止するサービスを7月に始める。新型コロナウイルスの感染予防のためマスク着用での作業が増える中、例年以上に高まる熱中症リスクに対応する。中小建設業を中心に利用者獲得を目指す。

 NTTPCが提供するリストバンド型の端末で作業員らの脈拍などを計測。人工知能(AI)が年齢なども加味して、熱中症の危険性を示す基準値を着用者ごとに自動設定する。脈拍などが基準値を超えた場合、着用者と労務管理者に緊急通知する。

 端末にはGPS(衛星利用測位システム)機能もあり、夜間や1人での作業中に異常が起きた場合も早期に発見できるという。リストバンド型の端末1台を1万3千円で提供し、11台以上の利用で1台当たり月額2千円(10台以下は計2万円)のサービス料がかかる。

 SOMPOホールディングス傘下でさまざまな状況に関するリスクの分析や対策を提案するSOMPOリスクマネジメントがサービスの運営や販売を担当。3年間で2800社への導入を目指す。

 損保ジャパンも代理店などを通じて販売し、労働災害総合保険などの保険商品の販売にもつなげる。今後は気象データや映像技術なども活用した新たなサービスの展開も進める。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆