ニュース
» 2020年07月22日 08時56分 公開

日本電産の薄型PC用ファンモータ、出荷台数が過去最高 テレワーク需要で 永守氏「たこを揚げる戦い方」

日本電産の永守重信会長は21日、薄型パソコンなどに使われる超薄型・超小型ファンモーターの令和2年4〜6月期の出荷台数が、四半期ベースでは過去最高の500万台以上に達したことを明らかにした。新型コロナウイルスの感染対策で普及したテレワークによる需要増に応えた。

[産経新聞]
産経新聞

 日本電産の永守重信会長は21日、薄型パソコンなどに使われる超薄型・超小型ファンモーターの令和2年4〜6月期の出荷台数が、四半期ベースでは過去最高の500万台以上に達したことを明らかにした。新型コロナウイルスの感染対策で普及したテレワークによる需要増に応えた。

日本電産の決算ウェブ説明会に出席した永守重信会長=21日午後(山本考志撮影)

 永守氏は同日、オンラインで開催した令和2年4〜6月期連結決算の説明会で「5G(第5世代移動通信システム)に関係するモーターやファンが好調に推移した」と述べ、「外部環境が悪くても、(需要をうまくとらえて独自の製品を提供するという)風を起こしてたこを揚げる戦い方ができている」と話した。

 同社によると、超薄型・超小型ファンモーターの出荷台数は昨年10〜12月期にも約450万台と過去最高を記録。新型コロナの感染が拡大した今年1〜3月期には約300万台に減少したが、その後急増した。傘下の台湾の冷却部品メーカーへの受注が好調という。

 永守氏はファンモーターの好調について「薄型化や消音性を解決する独自の技術で、ハイボリュームに供給できるメーカーはほかにない」と強調した。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆