ニュース
» 2020年08月03日 08時27分 公開

宇宙ベンチャーのispace、月着陸船を公開

宇宙ベンチャーのispaceは、令和4年に打ち上げ予定の月着陸船の最終デザインを公開した。

[産経新聞]
産経新聞

 宇宙ベンチャーのispace(アイスペース、東京都港区)は30日、令和4年に打ち上げ予定の月着陸船(ランダ−)の最終デザインを公開した。

宇宙ベンチャーのispaceが開発する月着陸船のイメージ(同社提供)

 月着陸船の大きさは着陸脚を広げた状態で幅約2.6メートル、高さ約2.3メートル。重さは約340キロ。燃料タンクの小型化などを施し、前回、平成30年9月に発表したデザインより小さくなった。月着陸船の上部には、約30キロの荷物を載せられる。

 同社は今年9月までに詳細設計を終え、年内をめどに管制室を整備し、来年には月着陸船の部品の組み立てを始める。その後、耐久性などの試験を経て、打ち上げ地となる米国に輸送。令和4年に米宇宙ベンチャーのスペースXのロケットで打ち上げる。打ち上げは当初、来年の予定だったが、準備の遅れなどにより、4年に延ばした。

 同社は民間による月面探査プロジェクト「HAKUTO(ハクト)−R」を推進。月着陸船と月面探査車(ローバー)の開発を進めている。月には貴重な鉱物資源のほか、数十億トンの水が存在するといわれており、月への物資の輸送や月面探査が実現できれば、人類による宇宙経済圏の構築につながる。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆