ニュース
» 2020年08月04日 07時39分 公開

三菱UFJ信託、バーチャル株主総会を拡大 コロナ禍でニーズ増加

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いニーズが高まるインターネットを使った「バーチャル株主総会」について、来年度以降、最大で100社程度に提供できる体制を整える考えを示した。

[産経新聞]
産経新聞

 三菱UFJ信託銀行の長島巌社長が3日までに産経新聞のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴いニーズが高まるインターネットを使った「バーチャル株主総会」について、来年度以降、最大で100社程度に提供できる体制を整える考えを示した。

 信託銀行は、株主名簿の管理や株主総会の運営事務を支援する業務を展開している。遠隔地の株主でも参加できるバーチャル総会については「新型コロナが収束してもニーズがある」と述べた。

 また、新型コロナに伴う企業の資金繰り支援については、不動産や債権など企業の資産を証券化し、投資家に販売することで対応できるとの認識を示した。融資による資金繰り支援は主にグループの三菱UFJ銀行が役割を担っており、「信託の機能を使う」ことで企業の資金需要に応える考えだ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆