ニュース
» 2020年09月09日 08時57分 公開

内視鏡や病理診断に8Kも シャープが医療関連事業戦略

液晶パネルや情報通信技術などの独自技術を活用し、遠隔での病理診断などに活用できる8K対応のカメラやパソコンなどを投入する。新型コロナウイルスの感染拡大で負担が増す医療・介護現場向けの製品やサービスを拡充していく。

[産経新聞]
産経新聞

 シャープは8日、医療や介護事業戦略を発表した。液晶パネルや情報通信技術(ICT)などの独自技術を活用し、遠隔での病理診断などに活用できる8K対応のカメラやパソコンなどを投入する。新型コロナウイルスの感染拡大で負担が増す医療・介護現場向けの製品やサービスを拡充していく。

シャープの医療や介護に関する事業展開について説明する津末陽一専務=8日、堺市のシャープ本社

 同社はすでに高精細な映像を映し出す8Kモニターを内視鏡手術装置向けに供給している。今後は遠隔での病理診断のほか、手術室内の監視や、医療教育用として8Kに対応したカメラやパソコンなどを売り出す。

 また、遠隔でのオンライン診療向けに、タブレットを使った医師と患者のビデオ通話ツールを提案。患者の顔色を実態に近い色合いでモニターに映し出すシステムの開発も進める。

 そのほか、病院や介護施設で食事や手術器具、寝具などを自動搬送するロボットや、新型コロナの感染防止策として病院や薬局などの待合室での密集を防ぐため、患者が室外にいても呼び出せるコールベルシステムなども売り込む。

 堺市の本社で記者会見した津末陽一専務は「医療の高度化や医療・介護従事者のサポートにシャープの商品で貢献したい」と述べた。

 シャープは3月、政府の要請でマスクの生産に参入。戴(たい)正(せい)呉(ご)会長は6月の定時株主総会で、健康関連分野に注力する方針を打ち出していた。これまでにも医療用超音波洗浄機を医療事業者に約1800台販売しており、こうした販売ルートを活用して拡販する。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆