ニュース
» 2020年09月24日 08時22分 公開

パナソニック、AIカメラによる顔認証システムの導入を簡単に タブレットで顔画像撮影 コスト半減 提携企業と開発 (1/2)

出入り口の電子錠と連携させ、入退室時のセキュリティー管理に活用。従来の認証システムに比べて半額程度のコストで導入でき、専用アプリでの遠隔管理なども可能という。

[産経新聞]
産経新聞

 パナソニックは23日、同社の人工知能(AI)を搭載したカメラ「Vieureka」(ビューレカ)を活用し、パートナー企業と開発した「顔認証チェックインシステム」を発表した。出入り口の電子錠と連携させ、入退室時のセキュリティー管理に活用。従来の認証システムに比べて半額程度のコストで導入でき、専用アプリでの遠隔管理なども可能という。

パナソニックがKYOSOと開発した顔認証チェックインシステムの専用アプリ

 顔認証チェックインシステムは、タブレット端末のカメラで人物の顔画像を撮影し、専用アプリで登録すれば、オフィスなどの出入口に設置したビューレカがAIで顔認証を行い、電子錠を開錠。制御はインターネット上のクラウドで行い、アプリでは入退室履歴や人物画像の確認、複数の離れた施設の入退室管理もできる。

 ITサービスを手掛ける「KYOSO」(京都市)がビューレカを内蔵したカメラ装置などのシステムをパナソニックと開発し販売。3月からシンガポールのコワーキングオフィスが試験導入している。

パナソニックがKYOSOと開発した顔認証チェックインシステムのカメラ
       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆