ニュース
» 2020年10月02日 08時42分 公開

起業支援の米CIC、東京・虎ノ門にアジア初拠点開設

国内外から100社のベンチャー企業経営者や起業家を誘致。投資家や研究者、弁護士、税理士といった専門家と連携し、新しい技術やビジネスアイデアの実用化を後押しする。

[産経新聞]
産経新聞

 起業支援を手がける米ケンブリッジ・イノベーション・センター(マサチューセッツ州)は1日、東京都港区の虎ノ門ヒルズに同社としてはアジア初となる起業支援拠点「CIC Tokyo」を開設した。国内外から100社のベンチャー企業経営者や起業家を誘致。投資家や研究者、弁護士、税理士といった専門家と連携し、新しい技術やビジネスアイデアの実用化を後押しする。

 虎ノ門ヒルズビジネスタワーの15、16階の約6千平方メートルのスペースに共有オフィスや会議室、ラウンジなどを設けた。上下の階には拠点内の階段を介して自由に行き来できる。

 この施設の運営を担うCICジャパンの梅沢高明会長は同日の開所式で「業種の枠を超えたスタートアップ(創業初期のベンチャー企業)のコミュニティーを作りたい」と抱負を述べた。また米CICのティム・ロウ創業者兼最高経営責任者(CEO)もビデオメッセージで、「日本と世界とをつなぐ架け橋として、世界で活躍できる起業家を支えたい」と語った。

 CIC Tokyoでは、ヘルスケア、エネルギー、環境、スマートシティといった4つの分野で起業家が参加できるイベントを随時実施。さらに虎ノ門ヒルズで平成30年から毎週木曜日に実施してきた起業家向け交流イベント「サーズデイギャザリング」もこの拠点で引き続き開催する。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆