ニュース
» 2020年10月13日 09時06分 公開

建物管理を自動化 感染症対策にも 清水建設

モノのインターネット技術や、人工知能などの通信機能をつなげることで、建物の資産価値向上を図るほか、新型コロナウイルス感染拡大の防止を徹底する「スマートビル」を実現する。

[産経新聞]
産経新聞

 ゼネコン大手の清水建設は12日、建物管理の基本ソフト(OS)「DX−Core」(ディーエックス・コア)の概要を発表した。モノのインターネット(IoT)技術や、人工知能(AI)などの通信機能をつなげることで、建物の資産価値向上を図るほか、新型コロナウイルス感染拡大の防止を徹底する「スマートビル」を実現する。建物管理のOSは、年内にも開発が完了する見通しで、清水建設はデベロッパーなどビルオーナーをターゲットに、実装に向けた提案を進めたい考えだ。

清水建設が提案する建物管理のための基本ソフト(OS)「DX−Core」を利用し、人の顔をカメラで映して顔認証と検温を自動で行う=12日、東京都中央区(岡田美月撮影)

 建物OSは、専用アプリケーションを追加し、AIカメラや空調などの建物内の施設と連動させて利用する。各種アプリを追加すると、AIカメラなどで入館者の顔認証や検温を行い、体温が一定の温度を超えた場合は入場を制御する。高熱がある入館者の近くの空調は換気量を増やし、その入館者の上司らには無料通信アプリのLINEを通じてスマートフォンなどに通知が送られる仕組みだ。

 建物OSは新築、既存ビル双方への実装が可能だ。新築への導入費用は、延べ床面積1万平方メートル規模のオフィスビルで1〜2億円の見込み。清水建設は来年にも、東京・豊洲で自社施設として建設中の大規模なオフィスビルなどに実装する予定で、今後もさらに導入を広げたいとしている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆