ニュース
» 2020年10月15日 08時26分 公開

パナソニック、シャープ、ダイキンがコロナ対策で火花 空気を「見える化」 (1/2)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の家電・空調各社が、ウイルスの感染抑制や換気などの機能を強調した製品で火花を散らしている。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の家電・空調各社が、ウイルスの感染抑制や換気などの機能を強調した製品で火花を散らしている。ダイキン工業は換気機能付きエアコンのラインアップを拡充し、パナソニックは想定以上の注文で生産停止していた空間除菌脱臭機の販売を再開。シャープも空気清浄機能付きエアコンが好調だ。ただ、空気の質は目に見えないため、これをどう可視化して制御できるかが今後の成長の鍵を握る。(山本考志)

ダイキン工業がラインアップを拡充させる換気機能が付いたエアコン=14日、東京都港区

生産拠点を大幅拡充

 ダイキンは14日、「業界唯一の機能」という換気しながら冷暖房できる家庭用エアコンのラインアップ拡充を発表した。今年4〜7月の売り上げが前年同期比で1.5倍となった高価格帯シリーズ「うるさらX」に加え、小スペース向けの中価格帯シリーズ「うるさらmini」を11月1日に発売。来年3月30日には除加湿機能を省いた低価格帯も投入する。

 同社は今年度の換気機能付きエアコンの販売台数を30万台まで引き上げて国内家庭用エアコンのトップシェアを目指すとし、舩田(ふなだ)聡常務執行役員は「『換気イコールダイキン』と思ってもらえるよう、世界中の商品リソース(資源)を活用して販売していく」と意気込む。

 同社ではウイルス抑制効果があるという独自技術「ストリーマ」を搭載した空気清浄機も4〜7月の売り上げが前年同期比で2倍に。中国のみだった生産を年内にはマレーシア工場で始め、国内でも滋賀製作所(滋賀県草津市)を候補に生産を検討するなど攻勢を強める。

飛沫粒子を効果的に捕集

 一方、国内家庭用エアコンでシェアトップのパナソニックも、ウイルス抑制効果をアピールする独自技術「ナノイー」を採用した高価格帯エアコンが前年以上の売れ行きだ。また空間除菌脱臭機「ジアイーノ」も想定以上の注文で4月中旬から一時的に新規受注をストップし、9月下旬に販売を再開した。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆