ニュース
» 2020年10月16日 07時45分 公開

NTT 分身ロボベンチャーのオリィ研究所と資本業務提携 

次世代通信網の活動事例を具体化させることで、将来の利用者獲得につなげる。

[産経新聞]
産経新聞

 NTTは15日、分身ロボットベンチャーのオリィ研究所(東京都港区)と資本業務提携したと発表した。オリィの発行済み株式の約14%を取得。携帯電話の次世代通信規格(5G)や次世代光通信網「IOWN(アイオン)」でも分身ロボが遅延なく動作するかを、両社で検証する。次世代通信網の活動事例を具体化させることで、将来の利用者獲得につなげる。

全長1メートル20センチの分身ロボ「オリヒメD」(オリィ研究所提供)

 NTTは7月から受付にオリィ研究所の分身ロボ「オリヒメ」を配置。2人の障害者が自宅から遠隔で操作し、業務にあたっている。NTTはこの分身ロボをグループ各社の受付にも順次導入させる。またNTTドコモの携帯電話販売店で開催しているスマートフォン(高機能携帯電話)の講習会でも活用する。さらに法人営業の部門でオリヒメを販売する。

 NTTの澤田純社長は同日のオンライン会見で「コロナ禍でリモートワークが(遠隔勤務)当たり前になり、存在を意識しながら他者に伝える技術が求められている」と、グループとしての提携の意義を強調したうえで、「ICT(情報通信技術)で新たな可能性を見出したい」と語った。

 分身ロボットの活用で障害者1万人の雇用創出を目指すべき世界観として掲げているオリィ研究所の吉藤健太朗社長も「高速インターネットの活用が私たちの目指す世界を後押ししてくれる」と期待を寄せた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆