ニュース
» 2020年10月19日 08時26分 公開

エレベーターも乗りこなす 三菱やパナが競うロボット市場 (1/2)

新型コロナウイルスの感染拡大で作業現場の「非接触」が求められるなか、電機メーカーなどが人の代わりに荷物の搬送や清掃、警備などを行う「サービスロボット」関連の技術開発を競っている。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大で作業現場の「非接触」が求められるなか、電機メーカーなどが人の代わりに荷物の搬送や清掃、警備などを行う「サービスロボット」関連の技術開発を競っている。三菱電機はロボットが単独でエレベーターに乗ることができるサービスを始め、オムロンは屋外作業の安全性を高めるセンサーを発売。パナソニックは人と衝突した際のリスク低減に力を入れる。ロボットの安全運用に関する国際規格でも日本が審議を主導しており、国際競争力強化に期待が集まる。(山本考志)

ロボットが単独でエレベーターに乗ることができる三菱電機のサービス(三菱地所提供)

夜間のビル清掃に最適

 エレベーター前に廊下を自律走行していたロボットが停止すると「上」のボタンが点灯。ロボットは開いたドアからスムーズにエレベーターに乗り込み、目的階に付くと自動で降りて再び廊下を進み始める。三菱電機が10月1日に発売した「ロボット移動支援サービス」の様子だ。

 これまではロボットがビルの階層を越えて移動するには、人がエレベーターに同乗して補助する必要があった。このサービスでは、エレベーターがインターネットを通してロボットから要求を受けると、ドアの開閉などを行って目的階までの移動を手助けする。

 同社の石井周作・ビルシステムエンジニアリングセンター長は「人がほとんどいなくなる夜間のビルの清掃作業などでも、各階にロボットを配備することなく効率的に運用できる」と利点を強調する。

ぶつかった際の痛み軽減

 ロボットの活動範囲が広がればその分、安全性の向上も求められる。

 オムロンが9月に発売したセンサーモジュール「B5Lシリーズ」は、障害物を検出しにくかった強い日光の下でも、特定の波長の光を照射し即時に広範囲の3次元情報を測定できる。自走式のロボットに組み込めば、屋外でもより正確に人や物を回避したり、段差からの転落を防いだりしやすくなる。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆