ニュース
» 2020年10月22日 07時58分 公開

「サブスク」で花や絵画も 在宅彩る定額サービス (1/3)

新型コロナウイルスの感染拡大により消費活動が落ち込む中、自宅で過ごす「巣ごもり需要」が活況を呈している。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大により消費活動が落ち込む中、自宅で過ごす「巣ごもり需要」が活況を呈している。中でも注目を集めるのが、定額料金を支払って商品やサービスを一定期間利用できる「サブスクリプション(サブスク)」ビジネス。提供ジャンルは、車や家具、衣料品など多岐にわたるが、コロナ禍で生活に彩りを添える新たな分野に人気が集まっている。(南里咲)

日比谷花壇のサブスクリプションサービス「ハナノヒ」を利用して花を選ぶ利用客=大阪市中央区

 「コロナ禍でふさぎがちなときもあるが、花を飾ると気分が明るくなる。選ぶのも楽しい」。大阪・難波にある「日比谷カダンスタイルなんばスカイオ店」で、仕事帰りに寄った大阪市の女性会社員(29)は花を手に笑顔を見せた。

 花は1人暮らしをする自宅リビングに飾っているという。女性が利用しているのは、定期的に花が手に入るサブスク。緊急事態宣言中の在宅勤務で、「何か家の中を華やかにするものがほしい」と切実に思ったのが利用のきっかけだ。7月から始め、毎週金曜日に店に立ち寄って花を受け取る。「家が華やいで、これまでの生活とは明らかに変わりました」

 毎日、美しい花が手に入る−。こんな願望をかなえてくれるのが、日比谷花壇が展開するサブスク「ハナノヒ」だ。月1187円〜1万5878円の定額料金で、全国約110店舗の店頭で生花を受け取れる。

 「在宅時間が増えたので、自宅で心地よく過ごしたい」「オンライン会議の背景に花を飾りたい」といった声に支持され、会員数はコロナ禍でも伸びており、9月時点では2月の2.5倍以上に増加。20〜40代の女性が大半を占めているという。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆