ニュース
» 2020年10月27日 07時54分 公開

日本電産、通期業績を上方修正 永守氏「社員の待遇30%上げる」

家電や車載向けモーターの需要回復を反映しており、実現した場合は売上高は過去最高を更新する。

[産経新聞]
産経新聞

 日本電産は26日、令和3年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高を1兆5千億円から1兆5500億円、最終利益を1千億円から1050億円に引き上げた。家電や車載向けモーターの需要回復を反映しており、実現した場合は売上高は過去最高を更新する。

 永守重信会長は同日、オンラインで開催した決算説明会で「下期で新型コロナ禍の第2、3波が来ても、世界統一の基準でオペレーションを補完するための対応策ができている」と述べた。

 永守氏は電気自動車(EV)用モーターの世界シェアを2030年に40〜45%へ高める方針を表明。新型コロナウイルスの影響を「過去の経済悪化と異なり市場が回復しても需要は大きく変わる」と指摘し「これからは強い企業や賢い経営者がいる企業ではなく、変化に追随できる企業が生き残る」と述べた。

 また「今後3年間で社員の待遇を30%上げる」と述べ、ボーナスを増額するなどの意向を示した。

 令和2年9月中間連結決算は売上高が前年同期比0.1%増の7517億円、最終利益は79.2%増の487億円だった。新型コロナによる「巣ごもり」需要を受け、家電用やデータセンター向けのHDD用の小型モーターが好調。原価低減や固定削減の取り組みも利益を押し上げた。

 地域別の業績をみると、売上高の26%を占める最大の稼ぎ頭の中国が12%増となり全体を牽引。次に売り上げが大きい米国も増加した。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆