ニュース
» 2020年10月28日 07時53分 公開

「ファン付き作業服」の臭い解消 東レが皮脂酸化分解抑える新素材

消臭、防汚、制菌、抗酸化と4つの効果が同時に得られる特長があり、作業服や寝具など向けに展開を目指す。

[産経新聞]
産経新聞

 東レは27日、臭いのもととなる皮脂の酸化、分解を抑えるなどした生地「ムッシュオン4X」を開発し、11月に発売すると発表した。消臭、防汚、制菌、抗酸化と4つの効果が同時に得られる特長があり、作業服や寝具など向けに展開を目指す。

新素材「ムッシュオン4X」を使った作業服(東レ提供)

 開発のきっかけは、近年、熱中症を防ぐため工事現場などで普及する「ファン付き作業服」。ファンにより衣服内に風を送ることで涼しく過ごせる優れものだが、「臭いが気になる」との声が増えていた。

 そこで、4つの機能剤を組み合わせ、ポリエステルに吸収させることで汗による不快な臭いを抑える新素材を開発した。ナイロンや綿の混合素材でも同じ機能を再現することができ、東レは「ユニホームだけでなく一般衣料などにもニーズが広がる」(担当者)と期待する。

 悪臭を防ぐ生地はこれまでアンモニア臭を消すものが主流だったが、新素材は業界初となる皮脂の酸化・分解を抑えることでノネナールなどアルデヒド系の臭いを抑える機能を持つ。また、生地に皮脂が蓄積されるのを防ぎ、生乾き臭の原因となる菌の増殖も抑えるという。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆