ニュース
» 2020年10月29日 08時00分 公開

ドローンファンドが3号ファンドを立ち上げ、100億円目標に

 小型無人機(ドローン)の開発を手掛けるベンチャー企業を投資対象とするドローンファンド(東京都渋谷区)は、3号ファンドを立ち上げた。2018年8月に立ち上げた2号ファンドの約2倍となる100億円を、来年3月までに企業や個人投資家などから集める。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

 小型無人機(ドローン)の開発を手掛けるベンチャー企業を投資対象とするドローンファンド(東京都渋谷区)は、3号ファンドを立ち上げた。2018年8月に立ち上げた2号ファンドの約2倍となる100億円を、来年3月までに企業や個人投資家などから集める。

画像はイメージです(Getty Images)

 政府は23年度にエアモビリティー(空を飛べる移動体)の事業開始を政策目標に掲げており、これを受けて、ドローンやエアモビリティー関連のベンチャー企業が次々と設立されている。3号ファンドは、第5世代(5G)移動通信システムの活用やデジタル技術の活用による変革をテーマに、社会実装につながる事業に投資を行う。

 3号ファンドへは、SMBC日興証券、NTTドコモ、ソフトバンク、農業機械製造の小橋工業(岡山市南区)、国際航業、起業支援のリバネス(東京都新宿区)が既に出資を決めた。

 ドローンファンドは2本のファンドを通じて、国内外40社超のベンチャー企業に投資。18年には、千葉大学発ベンチャー企業の自律制御システム研究所(ACSL)がファンドからの投資先としては初となる東証マザーズ上場を果たした。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆