ニュース
» 2020年11月24日 07時51分 公開

コロナで逆風の新築戸建て 突破口はオンライン内覧  (1/3)

展示場の運営団体などは、最新のデジタル技術でオンラインにより住宅を内覧できる仕組みを相次いで打ち出し好評だ。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの影響で、主要な販売手段である展示場やモデルルームへの集客が難しくなった住宅業界。展示場の運営団体などは、最新のデジタル技術でオンラインにより住宅を内覧できる仕組みを相次いで打ち出し好評だ。バーチャル(仮想)展示をきっかけに実際の展示場への集客が前年比増となるなどの例も出てきており、主要な販売手段として定着しつつある。(黒川信雄)

実際の住宅のリビングの画面。専用ソフトで処理され、部屋の寸法も測ることができる

室内すべての寸法表示

 パソコン画面上に現れた、新築住宅。玄関から室内に入ると、広々としたリビングが広がる。窓枠にマウスをあてると、即座に寸法を表示。天井高など室内すべての設備で寸法表示が可能だ。気になる設備を詳しく見たり、家全体を見下ろしたり、とその場にいるかのような体験ができる。

 総合住宅展示場「花博記念公園ハウジングガーデン」(大阪市鶴見区)を運営する大阪住宅センター(同市中央区)は10月、展示場内の26棟すべてをオンライン上で内覧できるサービスを開始した。

 空間内の正確な距離を再現できる3Dスキャンカメラで撮影した室内の映像を専用ソフトで処理し、建物内にいるかのような感覚で内見できる。担当者は「従来技術と比較し、より屋内にいる感覚を再現できる。これだけの戸数の住宅をオンラインで内見できるようにする取り組みは、他にはないのでは」と胸を張る。

ドローンも活用

 ドローン(小型無人機)を使って展示住宅を紹介する取り組みも。住宅展示場運営のアドバンス開発(同市福島区)は、京都市内の桃山六地蔵住宅博のモデルハウス11棟の内部をドローンで撮影し、その動画を自社のウェブサイト上で閲覧できるようにした。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆