ニュース
» 2020年12月02日 08時05分 公開

ベンチャーが開く宇宙新時代 今月以降、続々と衛星打ち上げ (1/2)

日本の宇宙ベンチャーが今月以降、人工衛星を次々と打ち上げる。地球観測データの提供やスペースデブリの除去など、新ビジネスの実現に向け、各社とも大きな一歩を踏み出す。

[産経新聞]
産経新聞

 日本の宇宙ベンチャーが今月以降、人工衛星を次々と打ち上げる。地球観測データの提供やスペースデブリ(宇宙ごみ)の除去など、新ビジネスの実現に向け、各社とも大きな一歩を踏み出す。今月6日には日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウで採取した試料を携え6年ぶりに地球に帰還する予定だが、日本のベンチャーが開く宇宙新時代に注目が集まる。(松村信仁)

アストロスケールHDが開発したスペースデブリ除去実験衛星「ELSAーd」。捕獲機(左)と模擬デブリ(同社提供)

4機同時打ち上げ

 アクセルスペース(東京都中央区)は先月26日、来年3月20日に打ち上げ予定の4機の小型衛星を報道公開した。複数の同型の衛星を同時に打ち上げるのは日本では初めてとなる。

 同社はロシアの打ち上げサービス会社、GKローンチサービスに打ち上げを依頼。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からロケット「ソユーズ2」で打ち上げる。部品の一部は福井県の中小企業が開発したものを取り入れた。

小型衛星の模型とともに撮影に応じるアクセルスペースの中村友哉社長(右から2人目)=26日、東京都中央区(松村信仁撮影)

 アクセルスペースは複数の小型衛星が軌道を周回し、高頻度で地球を撮影。画像データを外部に提供する「アクセルグローブ」を展開している。平成30年に最初の小型衛星を打ち上げており、今回の4機はこれに続く。5機体制で、ほぼ2日に1度の頻度で観測できるようになる。先月26日に都内で会見したアクセルスペースの中村友哉社長は「令和5年には10機体制を構築したい」と語った。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆