ニュース
» 2020年12月14日 08時16分 公開

令和12年に14兆円規模へ 国内シェアリングエコノミー市場

インターネットを介してモノやサービスを共有するシェアリングエコノミーの日本での市場規模が令和12年には2年比約7倍の約14兆円超にまで拡大するとの試算を、シェアリングエコノミー協会が公表した。

[産経新聞]
産経新聞

 インターネットを介してモノやサービスを共有するシェアリングエコノミー(共有経済、シェアエコ)の日本での市場規模が令和12年には2年比約7倍の約14兆円超にまで拡大するとの試算を、シェアリングエコノミー協会(東京都千代田区)が公表した。

 年初からの新型コロナウイルス感染拡大で、自宅などに宿泊させる民泊などの対面型のサービスではマイナス面、宅配やオンライン完結型のサービスではプラス面の影響が出ており、それらを加味したうえで、令和2年のシェアエコの市場規模を2兆1004億円と推定した。

 令和2年の市場環境が続いた場合の12年の市場規模は7兆4719億円、新型コロナウイルスによる不安が解消された場合は14兆1526億円に達するとした。

 また、シェアワーカーの収入から既存産業への経済波及効果は2年で1兆3519億円。12年では最大で9億3895億円に達する。試算にあたった情報通信総合研究所リサーチ・コンサルティング部の山本悠介氏は「シェアエコ事業者の収入拡大が既存の産業界にも波及効果をもたらす」と指摘した。

 試算は外部の調査会社に委託する形で20〜60歳代約3万人へのインターネットによるアンケートを実施。シェアエコサービスの消費支出、サービス提供による収入などのデータをもとに算出した。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆