ニュース
» 2020年12月18日 08時08分 公開

クリエーター集団が起業支援 プロ人材がチームを組んで伴走 (1/2)

社会課題を解決できるアイデアを持ちながら資本力や人的資源に乏しいベンチャー企業や起業家を支援するクリエーター集団が存在感を高めている。

[産経新聞]
産経新聞

 社会課題を解決できるアイデアを持ちながら資本力や人的資源に乏しいベンチャー企業や起業家を支援するクリエーター集団が存在感を高めている。経験豊富な専門家がチームを組んで起業家と伴走、苦手とする社会へのアピールなどを助けてくれるからだ。スタジオに属するプロ人材が作品ごとにチームを組んで仕事をする、米ハリウッドの大手映画制作会社のような仕組みを採用。オーダーメイドの支援が受け、持ち込まれる案件が増えている。

与論島で行われた「トークンエコノミー」実証実験に参加し、ゴミを拾うPHIの岡崇CEO(左端)とRSSの野村勇介ビジネスデザイナー(中央)=昨年8月

 クリエーター集団を束ねるのは、昨年1月設立のR−StartupStudio(アールスタートアップスタジオ=RSS、東京都港区)。ビジネスプランやマーケティング、デザインなど専門スキルを持つ人材が本社のコワーキングスペース・サロンに集まる。

 「開発に集中できる環境づくりを手伝ってほしい」

 近畿大学生のブロックチェーン(分散型台帳)エンジニア3人が昨年4月に立ち上げたPHI(ファイ、大阪市中央区)は、今年4月に大学を卒業した岡崇最高経営責任者(CEO)が創業前にサロンを訪れてこう依頼したのが始まりだ。

 PHIが目指すのはブロックチェーンを使った「DAO(自律分散型組織)」という新しい組織形態。ビットコインが不特定多数の匿名者がオンライン上で組織を作りながら運営されているように、DAOでは経営者となる中心人物はおらず全員が同じ立場で働く。

 RSSの支援を受けながら、ブロックチェーン技術を使ってトークンと呼ばれる地域に根ざした独自通貨で形成される経済圏の可能性を実証。PHIの技術は大規模組織の意思決定プロセスにも使われた。

 岡氏は「ブロックチェーン技術は世界を変えられるし、ニーズもある。しかし現状は啓発期で知ってもらう段階。使えるところを探して社会実装していく必要がある」と判断。開発に経営資源を割く一方、マーケティングなどはRSSに任せた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆