ニュース
» 2020年12月24日 08時34分 公開

法人・都市部→個人・郊外 新型コロナで変わるカーシェア戦略 (1/2)

新型コロナウイルスの感染拡大による人の移動の変化を機に、カーシェア業界が対応を模索している。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大による人の移動の変化を機に、カーシェア業界が対応を模索している。テレワーク普及などもあって都市部を中心とした法人利用や観光客利用が振るわない一方、自宅を活動拠点とする会社員を含めた個人会員は増加。公共交通機関を敬遠したカーシェア通勤など新たな利用シーンも登場しており、各社が取り組みを加速させている。

 東京メトロ南砂町駅から15分ほど歩いた住宅地の一角。コインパーキングの敷地内に8月からカーシェア用の小型車が出現した。オリックス自動車のカーシェア拠点。すでに500メートル先で別拠点が稼働中だが、双方とも利用は順調だ。

オリックス自動車が8月に配備したカーシェア拠点。近隣にも拠点があるが新型コロナ禍での需要増加で利用は好調だ=12月中旬、東京都江東区(佐久間修志撮影、画像を一部加工しています)

 担当者は「マンション開発が進む住宅地などでニーズが急増している。新型コロナの感染拡大以降、近距離を何回も乗る人が増え、利用者の居住圏内に拠点を増やせば、需要を取り込める」と意気込む。

 消費の流れがモノの所有から利用へと進む中、カーシェア市場は拡大傾向だ。富士経済によると、令和元年に470億円だった国内市場は12(2030)年には9.1倍の4300億円にまで広がる見通しだ。年間の延べ利用者もレンタカー需要を取り込みながら12年までの10年間で約10倍に達するとみられている。

 ただ成長までの道筋は修正を余儀なくされている。新型コロナの感染拡大で人の動きが変化。テレワーク導入が進み、企業活動における人との接触機会が減ったほか、観光需要も大幅に減少。特に政府の緊急事態宣言があった今年4、5月は「かなり利用が減った」(大手)という。

 オリックス自動車の中村健太郎カーシェアリング部長は「これまでなら都市部の駅前などに拠点を構え、平日は法人需要、休日は観光客利用と切れ目なく利用してもらうビジネスモデルが重視されてきたが、新型コロナで変わった」と局面変化を分析する。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆