ニュース
» 2021年01月05日 08時09分 公開

日常に広がる触らない安心 高まる非接触技術 (1/2)

 目の前に浮かび上がった地球儀。右手をかざして動かすと、地球儀は回転し、太平洋上の《Oahu(オアフ島)》の文字をタッチすると、美しいビーチの映像が流れ、観光情報を手軽に得ることができる。

[産経新聞]
産経新聞

 目の前に浮かび上がった地球儀。右手をかざして動かすと、地球儀は回転し、太平洋上の《Oahu(オアフ島)》の文字をタッチすると、美しいビーチの映像が流れ、観光情報を手軽に得ることができる――。アスカネット(広島市)が開発した技術「ASKA3Dプレート」。地球儀などは空中映像として実在しており、決して錯覚などではない。

アスカネットの技術「ASKA3Dプレート」を使った空中映像のサンプル。空中に浮かんだ地球儀を操作し、観光情報を得ることができる(アスカネットのユーチューブから)

 同社の技術を用い、広島銀行(同市)も今年5月、空中映像技術を使ったATM(現金自動預払機)を試験導入する。「引き出し」や「残高照会」といったメニューが浮き上がり、実際に触れて操作することができる。同行によるとATMで全国初の試み。担当者は「直感的かつ衛生的な対応が可能になる」と話す。

 こうしたことがなぜ可能なのか。三菱電機エンジニアリング(東京)が昨秋開発した「空中タッチディスプレイ」の試作機の場合、反射材などで空中に映像を投影。指の位置や動きを備え付けられたセンサーが判別することで、スマートフォンでおなじみのタップ(画面を1回たたく)、フリック(はじく)といった動作にも対応する。

 数年前から技術検討が本格化したといい、担当者は「不特定多数の方が触る公共の端末や医療現場など、幅広い場所での導入も考えられる」とした。同社は令和3(2021)年度中の製品化を目指す。SF映画で見た近未来風の光景も夢ではなくなりつつある。

1秒で検温も同時に

 新型コロナウイルス禍により「非接触」への需要が高まり、加速した技術革新。そのいくつかは、すでに私たちの生活に浸透している。

「artKYOTO2020」で導入された非接触型の顔認証自動検温システム=京都市東山区の京都国立博物館(南雲都撮影)
       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆