ニュース
» 2021年01月15日 07時58分 公開

積水ハウス・仲井嘉浩社長 コロナ禍、営業現場の声重視

新型コロナウイルス禍で見えた経営課題は

[産経新聞]
産経新聞

 −−新型コロナウイルス禍で見えた経営課題は

積水ハウス 仲井嘉浩社長

 「政府の緊急事態宣言の発令により、昨年3〜5月は受注が減少。しかし秋頃からは回復基調に入った。通年で1カ月分ほどの売り上げ減に見舞われたが、令和4年度までの中期経営計画の期間内には十分取り返せると思っている。健康、つながり、学びの3つのポイントで、人々の生活を豊かにできる住宅の販売に注力している。コロナ禍を通じ、その意義が改めて裏付けられたとも感じている」

 −−オンラインで住宅を内見できるサービス展開など、コロナへの対応も早かった

 「オンラインサービスは、緊急事態宣言下でも顧客とどのようにつながりを保てるかということを懸命に考えた、営業現場の声から始まった。顧客と直接接する前線の現場で汗をかいている社員が、一番多くのアイデアを持っている。彼らの意見をいかに吸い上げ、具体化するかが重要と強調してきており、その成果だったとの自負もある」

 −−コロナで人々の生活様式はどう変化するか

 「コロナ禍が過ぎたときに、人々がどこまで家でリモートワークをし続けるかというのは、慎重に見定めるべきだと思う。一方で、住民の健康などを重視した商品などは汎用(はんよう)性があり、今後も受け入れられると感じている。昨年末に家の温度を変えずに30分で完全に換気できる商品を発売したが、これなどはコロナがなくても、需要が高いと考えている」

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆