ニュース
» 2021年01月20日 07時57分 公開

全固体電池 安全・高容量 EV搭載に期待(1/3 ページ)

次世代電池の開発競争が熱を帯びている。本命と目されるのは全固体電池。既存のリチウムイオン電池に比べて安全で、電池容量の大きさを示すエネルギー密度も高いのが特徴だ。

[産経新聞]
産経新聞

 次世代電池の開発競争が熱を帯びている。本命と目されるのは全固体電池。既存のリチウムイオン電池に比べて安全で、電池容量の大きさを示すエネルギー密度も高いのが特徴だ。幅広い機器への搭載が見込まれているが、特に電気自動車(EV)では1回の充電で走行できる距離が伸びるなど、大きなメリットが期待されている。このため先行する日本を含め、世界各国の企業や研究機関が開発に力を入れている。

TDKの全固体電池(同社提供)

 全固体電池は、主要部材の電解質が固体の材料でできているのが特徴だ。リチウムイオン電池は液体の電解質で満たされた正極と負極間の「水槽」をリチウムイオンが行き来することで電気を流し、充放電する。これに対し、全固体電池は電解質が固体なので液漏れや温度上昇による発火の恐れがほぼないとされる。

 エネルギー密度でもリチウムイオン電池をしのぐほか、正極と負極を隔ててショートを防ぐセパレーター(絶縁材)などが不要で、小型化や低コスト化がしやすい長所も併せ持つ。作動する温度の範囲が広く、高速充電も可能。設計の自由度も高いといわれる。

 全固体電池の用途で最も期待されているのが自動車だ。多くの現行EVの走行距離は300キロ程度だが、これを1000キロに伸ばすことも可能といわれる。電池の小型化で車両重量も減らしたりできる。リチウムイオン電池はすでに技術開発が進み、劇的な性能向上は難しいとみられているだけに、実用化への期待は大きい。

 中でもトヨタ自動車は開発に最も積極的で、関連特許の保有数で他社を大きく引き離している。同社は2017(平成29)年10月の東京モーターショーで、20年代前半に全固体電池を搭載した自動車の商品化を目指すと表明。昨年4月には、パナソニックと車載用電池の開発会社「プライムプラネットエナジー&ソリューションズ」を立ち上げ、全固体電池を柱の一つに位置づける。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆