ニュース
» 2021年01月20日 07時57分 公開

全固体電池 安全・高容量 EV搭載に期待(3/3 ページ)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2|3       

 このため日本政府は昨年12月、脱炭素化へのグリーン成長戦略に全固体電池の本格実用化を盛り込み、基本設計や新材料の検討などで官民の連携を強化する方針を打ち出した。

 自動車をめぐっては、日本政府が2030年代半ばに国内の新車をすべてEVなどの電動車に切り替える目標を掲げているが、達成には電池技術の進歩が不可欠。脱炭素化のためにも、早期の実用化が期待される。


 全固体電池は、すでに補聴器やワイヤレスイヤホンといった電力使用量が比較的少ない機器では採用が始まりつつあり、TDKや村田製作所といった電子部品メーカーが電池供給を拡大しようとしている。

 TDKは基板に組み込むタイプの電池を昨年2月から量産。現在は月3万個を生産しており、近く10万個に引き上げる計画だ。

 富士経済によると、全固体電池の世界市場は2019年時点で19億円にすぎないが、25年には567億円まで増える見通しだ。

 ただ、急速に拡大するのは自動車への採用が始まる20年代半ばから。30年には2778億円まで増加し、5年後の35年には2兆1014億円と実に8倍近くまで膨れ上がるとみている。(経済本部 井田通人)

前のページへ 1|2|3       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆