ニュース
» 2021年01月21日 08時12分 公開

観光ベンチャー、コロナ禍で新事業に挑む 需要回復に期待 (2/2 ページ)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2       

 コロナ禍に見舞われる中でも、いわゆる「3密」(密閉、密集、密接)を避けることができるキャンプや釣りなどの人気は根強い。山野智久社長は「人々が外に出たいという欲求はどんな時にも存在する。野外のレジャーには一定の需要がある」と、買収に踏み切った。

 アソビューはこのほか、在宅でも楽しめる観光地の体験メニューを販売するなど、当面の売り上げ確保に注力。12月に入って複数のベンチャーキャピタルなどから総額約13億円の調達に成功し、今回の買収につなげた。4月に予定されていた別の資金調達が事実上の白紙撤回となり、従業員の約4分の1にあたる25人を1年間、他企業などへ出向させる決断に追い込まれていただけに、買収の意義は大きい。

 新型コロナウイルス流行の収束のめどは今も見えていないが、ワメイジングの加藤CEOは「厳しい時代だからこそ、志ある人と一緒に日本の良さを世界に発信したい」と強調。アソビューの山野社長も「サイトの利用者も、観光地の皆さんもみんなが幸せになれる社会を作りたい」と、コロナ後の世界を見据えている。(松村信仁)

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆