ニュース
» 2021年02月02日 08時12分 公開

日本自動車メーカーは元気を取り戻せるか(1/2 ページ)

内外自動車メーカーの「元気度」を考えてみたい。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

 最近、日本の自動車メーカーに元気がないように思える。昨年末に日本政府が「温暖化ガス排出量を2050年に実質ゼロを目標にする」と公表以来、約3カ月が経過した。この発表に驚いた自動車メーカーもあったと思う。しかし、そろそろ35年に向けての企業戦略や、車種ラインアップを見直しについて発表があるかと期待していたが全く音沙汰ない。一方、海外自動車メーカーは、コロナ禍の中にあっても元気なように見える。今回は内外自動車メーカーの「元気度」を考えてみたい。(日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎)

積極的に動く海外勢

 日本で聞こえてくるのは、半導体不足による減産の話ばかりである。必ずしも日系自動車メーカーに限ったことではないが、それ以外に話題がないからであろうか。

 一方、海外からの話は半導体の話題もあるが、違っている面もある。例えば米ゼネラル・モーターズ(GM)は今年に入り、1964年以来、約60年ぶりにブランドロゴを変更した。これまでの大文字から小文字の「gm」にするとともに、「m」の下側には下線を入れた。これはGMの基礎を成す「アルティウム」バッテリーを使った共通プラットフォームを視覚的に表しているとのこと。「エブリバディ・イン」というマーケティングキャンペーンとともに、電気自動車(EV)参入への本気度を示しているようだ。

 また、中国では上汽通用五菱汽車(GM、上海汽車、五菱集団の合弁会社)が「宏光 MINI EV」を発売して話題となっている。最安値で約43万円、170キロ走れる長距離モデルでも約60万円で販売され、EV販売最大手であった米テスラを抜いて中国トップに躍り出た。

 これについては、日本でも規格が違うからなどいろいろいう人がいるが、日本の軽自動車並みのサイズで、かつGMが初期から参画していることを考えると、中国の事情にマッチしたクルマだと思える。電動バイクからワンランク上の乗り物として、乗り換える人が多いのではないだろうか。

 もう一つ元気な企業が吉利汽車である。筆者のこれまでの印象は、吉利は民族系企業であり、多品種を製造しているが、代表するクルマがなく、ブランドイメージが乏しいと感じていた。また、1つの車体で内燃機関(ICE)自動車、ハイブリッド自動車(HEV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV)など複数を開発することもあり、これは“良いとこ取り”というより、むしろ“悪いとこ取り”となり、他社に勝てるクルマができないと懸念していた。さらに、今後大きな潮流となる自動運転について、あまり積極的でなく、取り残されているのではと思っていた。

 しかし、今年に入り矢継ぎ早にアクションを起こしている。インターネット検索大手の百度(バイドゥ)とEVの合弁会社、百度汽車を設立、自動運転機能を搭載した車両開発を目指すとのこと。百度は、これまで130以上の企業と自動運転に関する「アポロプロジェクト」を運営しており、最も多くノウハウが蓄積されている。筆者が以前に北京南部の自動運転エリアを訪問したときも、アポロプロジェクトの自動運転車が多数走行していたのを覚えている。

 ある意味、吉利汽車にとっては、これまで遅れていた自動運転に対して、一発逆転の戦略であるといえる。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆