ニュース
» 2021年02月02日 08時12分 公開

日本自動車メーカーは元気を取り戻せるか(2/2 ページ)

[SankeiBiz]
SankeiBiz
前のページへ 1|2       

 また1月中、吉利はIT大手騰訊控股(テンセント)との戦略的提携を発表した。両社はスマートコックピットや自動運転、マーケティングをはじめとする事業のデジタル化や低炭素化の推進などで全面的に提携していくようだ。

 中国配車サービス大手の滴滴出行も、世界初となる配車サービス専用EV「D1」を発表しており、車両は比亜迪(BYD)と共同開発し、製造は比亜迪が請け負うとのこと。

守勢で大丈夫か

 このように、従来の自動車メーカーの枠を越えて、自動車とIT、ライドシェアなどの合従連衡が起こっており、新しい自動車領域を見据えてダイナミックな地殻変動が起こっているようにみえる。

 それに引きかえ、日系自動車メーカーは、定款に定められた枠を出ようとせず、定款を変えてでも新分野に入っていこうという気構えが乏しいように見えてしまう。確かに激しく動くことが必ずしも成功につながるわけではないが、歴史をかんがみると、守勢を取り続けていて勝ったためしはないように思えてしまうのだが。

【プロフィル】和田憲一郎 わだ・けんいちろう 新潟大工卒。1989年三菱自動車入社。主に内装設計を担当し、2005年に新世代電気自動車「i−MiEV(アイ・ミーブ)」プロジェクトマネージャーなどを歴任。13年3月退社。その後、15年6月に日本電動化研究所を設立し、現職。著書に『成功する新商品開発プロジェクトのすすめ方』(同文舘出版)がある。63歳。福井県出身。

前のページへ 1|2       

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆