ニュース
» 2021年02月03日 08時54分 公開

NTT東が無人ストアを全国展開 コロナ禍の地域企業も支援

NTT東日本が入店の際の認証から決済までをスマートフォンで完結できる無人店舗「スマートストア」の全国展開に今年から乗り出す。

[産経新聞]
産経新聞

 NTT東日本が入店の際の認証から決済までをスマートフォンで完結できる無人店舗「スマートストア」の全国展開に今年から乗り出す。まず、自社やグループ会社の社屋にある売店や食堂など約100店舗をスマートストアに切り替え、地域企業のオフィスの空きスペースなどにも順次導入していく。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、デジタル技術で店舗を無人化する動きが業種を問わず広がってきた。

NTT東日本本社=東京都新宿区

 NTT東のスマートストアは、利用者がスマホの専用アプリを使って購入する商品のバーコードを読み込み、登録された口座からお金が引き落とされる仕組みだ。スマホで完結するのでレジが不要で、コロナ禍で懸念される密接・密集を回避することができる。

 店内で撮影したカメラ映像を人工知能(AI)で分析し、利用者属性に合った品ぞろえや陳列に生かす。デジタルを用いて人口の少ない地域でも成り立つ運営を目指している。

 地域通信会社であるNTT東がスマートストアを推進するのは、コロナ禍に苦しむ地域企業を支援する狙いがある。オフィスでは在宅勤務が増え、小売りや食堂は時間短縮や休業に追い込まれており、空きスペースや店舗をスマートストアとして有効活用できる利点は大きい。NTT東にとっても、これを入り口にして地域企業とのビジネス拡大につなげたい考えだ。

 昨年11月に東京・新宿にあるNTT東の本社ビル内にオープンした実験店舗では飲料や菓子類、文具、書籍などのほか、コロナ禍で販売に苦戦する地元のパン店のパンなども販売。「地域に根差したNTT東ならではの展開を進めていきたい」と担当者は語る。

 国内で今後労働力不足の深刻化が見込まれる中、この対策にもなる小売店の無人化をコンビニ大手なども積極的に推進中だ。

 NTTドコモも無人店舗事業への参入を見据えた実証実験を行うなど、異業種にも取り組みが拡大しつつある。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆