ニュース
» 2021年02月08日 10時01分 公開

危機を好機に変えるDX 学習院大教授・伊藤元重(2/2 ページ)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2       

 生産性を上昇させる原動力として最も期待できるのは、急速に進展するデジタル技術である。それをビジネスの転換に活用するDX(デジタルトランスフォーメーション)を活性化させることが必要であることは明らかだ。残念ながらこの動きが非常に鈍かった。米国や中国などに比べ動きがあまりにも遅かった。企業の危機感が弱かったのか、「馬」は水を飲もうとしなかった。コロナ危機はこうした流れを大きく変えようとしている。DXを積極的に進めない限り、競争に生き残ることが難しいことを真剣に考える企業が増えているからだ。オンライン会議などをうまく利用した、場所を選ばない業務形態を推進できる企業とそうではない企業では差がついてくるだろう。また例えば小売業ではアマゾンのようなネット小売りとの競争の深刻性がさらに増している。

 危機をきっかけに経済や社会が大きく変わるということは今回に限ったことではない。コロナ以前の低位安定の経済では、企業や社会のDXへの対応があまりにも鈍かったのだ。コロナ危機に揺さぶられて、多くの企業がポストコロナを見据えた改革に着手し始めている。ウイルス感染は一刻も早く収束してほしいと願っているが、この感染を梃子(てこ)にして日本経済のデジタル化が進むことも期待したい。(いとう もとしげ)

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆